グローバル・リーダーシップ・サミットを楽しみしておられる皆様へ

昨年度から日本におけるグローバル・リーダーシップ・サミット(GLS)はお休みとなっており、皆様には多大なご迷惑をおかけしておりますことを心からお詫び申し上げます。

2018年3月 シカゴにありますウィロクリーク・コミュニティ教会はシカゴ・トリビューン紙により突然ある大きな問題が報じられました。主任牧師でもあり、GLSの創始者でもあるビル・ハイベルズ牧師による女性へのセクシャル・ハラスメントの報道です。最初はハイベルズ牧師と教会はそのような事実に対する否定の姿勢を示したのですが、10名近くの女性からの訴えがあり、アメリカでは大きなニュースとして取り上げられてしまいました。第三者委員会(ジョ・アン・ライアン博士 北米ウェスレアン教団 元総理、マーガレット・ディダム博士 ウィートン・カレッジ学長 ゲリー・ウォルター牧師 福音カベナント教団 元総理 ライス・アンダーソン牧師 全米福音派同盟 議長)が立ち上げられ、2019年の3月に出されました報告では、ハイベルズ牧師の女性へのハラスメント、支配的な指導法に問題があった事実が確認されました。実行委員会としましてもまさかの出来事であり、このような結論に至ったことにはとても心が痛みます。

他国ではプログラムの内容、そのものには問題が見いだせないとの視点から、グローバル・リーダーシップ・ネットワークという新しい名称を用いてGLSを継続しようとする国々もあります。ただ、日本ではこのような問題の渦中の中で、GLSの継続は難しいとの判断を実行委員会では下させていただきました。今後、ウィロクリーク・コミュニティ教会並びにアソシエーションから明快な方向性が出されるまでは、日本におけるGLSの開催は延期するとの決断をしました。

今までも多くの皆様からのサポートがあり、ここまで継続できましたことは神様と皆様への感謝しかありません。今後、新たな展開がありました時は、そのことを皆様にお知らせしながら、次のステップを考えてまいりたいと思っております。リーダーシップが大切であることは日本でも変わりはありません。新しい展望が開かれ、日本におけるリーダーシップへGLSが貢献される時が早く来ますとことを願い、祈っております。

 

2019年8月
グローバル・リーダーシップ・サミット・ジャパン
実行委員会 委員長 池田 博
実行委員会一同 

To those who are looking forward to the Global Leadership Summit Japan

Since last year, the Global Leadership Summit Japan (GLS) has been suspended, and we are very sorry to have caused any trouble. In March 2018, Chicago Tribune featured a long article on Bill Hybels, a senior pastor of Willowcreek Community Church. He was accused of sexual harassment. At first, he and his church denied these accusations, but close to 10 ladies were reporting sexual harassment cases and it became big news in the US. Willowcreek Church set up an independent investigation team which included Jo Anne Lyon, General Superintendent Emerita of The Wesleyan Church, Indianapolis, IN, and Leith Anderson, President of the National Association of Evangelicals, Washington D.C. Other members included were Margaret Diddams, Provost of Wheaton College, Wheaton, IL, and Gary Walter, past president of the Evangelical Covenant Church, Chicago, IL. The report from the team were released in March 2019, and confirmed the sexual harassment allegations as well as his dictatorial leadership style. It was news out of blue to the GLS Japan organizing committee and we were shocked and pained by what had transpired.

Other countries continue running the program under the new name of the Global Leadership Network since they find no problems in the program itself. However, as far as Japan is concerned, the organizing committee has decided that it will be very difficult to hold GLS in the midst of this issue. Therefore, we will suspend the GLS until there are clear directions provided by Willowcreek Community Church and Willowcreek Association.

We have been able to run GLS Japan because of your support, and we are so grateful to God and to you. If there are any new developments taking place, we would like to let you know and begin determining our next step. Leadership in Japan will remain of great importance to us and we are praying that the time will arrive soon for GLS to contribute to the development of leadership in Japan again.

 

August 2019
Pastor Hiroshi Ikeda
The chairman of Global Leadership Summit Japan Organizing Committee
All the members of the Committee